ブラックジャック@カジノ

TOP10カジノスロット » カジノガイド » カジノゲームガイド » カジノとブラックジャック

カジノで人気のカードゲーム、ブラックジャック

日本でも有名なカジノカードゲームと言えば、ポーカーともうひとつ「ブラックジャック」ではないでしょうか?

今でこそ「ブラックジャック」というゲーム、カジノのみならず一般的なカードゲームとして普及を果たしていますが、そのルーツは古くフランス17世紀前後に流行した『21』を意味するヴァンテ・アンというゲームがブラックジャックの源流になったといわれています。参照:ブラックジャックのルール

そこから、アメリカにわたりブラックジャックという名前に変化するのですが、本格的に注目を浴びだしたのは1960年代とかなり最近の話。そのきっかけとなったのが、アメリカの数学者エドワード・オークリー・ソープが自著の中でブラックジャックの攻略法を記したことで爆発的に注目を浴びました。

その中に書かれていた戦略として有名なものが「カードカウンティング」。プレイ中に場に出たカードの種類によって1点、0点、-1点と、得点を付けていき「プラス点数ならばプレイヤー有利、マイナス点数ならばディーラー有利」として掛け金を変えていく戦法です。

ほぼ必勝法ともいえるカードカウンティングを用いられてしまったカジノ側は大損。一時はカードカウンティングを行っているプレイヤーを強制排除、出入り禁止などの処置を取っていましたが、訴訟を起こされてしまいプレイヤーが勝訴する事態に。結局現在は「カジノディーラー側が任意のタイミングでシャッフルを行うことが出来る」というルールを制定してから、ほぼカードカウンティングは通用しなくなりました。

そんなブラックジャック、現在ではゲームのルールも多様性に富んでいます。「最初に2枚カードを配る」という前提は変わらないのですが、受け取った直後に下りるという選択が可能な「サレンダー」。スートや絵札が同一なら賞金獲得となる「パーフェクト」。カードを再配布可能な「スイッチ」。また、ブラックジャック自体にプレイヤー共通のジャックポットを搭載しているタイプまで登場しました。

昔ながらの単純なルールの中にある熱いかけ引きと、プレイヤー側に歩み寄ったルールのブラックジャックが増加したことでより楽しく、遊びやすくなった現代のブラックジャック。その歴史を紐解けば「配慮をする分プレイヤーもクリーンに」そんなカジノ側の心の声が聞こえてきそうでもあります。

続きを読む
 
 

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

ブラックジャック@カジノ
4 / 投票数:2

 
 

お得なボーナスをゲット!