ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール:基本

ブラックジャックのルールを一言でいえば「ディーラー側とプレイヤー側が交互にカードを引いていき、合計値がより21に近いほうが勝利」という、単純明快なものです。

ゲームの流れ

1. プレイヤーがテーブルに自分が賭ける量のチップを置きます(ベット)。全てのプレイヤーがチップをベットし終わると、ゲーム開始。

2. ディーラーがプレイヤーとディーラー自身にカードを配ります。プレイヤーのカードは通常2枚とも表向き、ディーラーのカードは1枚が表、もう1枚は裏にして配られます。

3. この時点でプレイヤーのカードが絵札とAの組み合わせ(=ブラックジャック)で、ディーラー側にブラックジャックが成立し得ない場合、このプレイヤーは勝ちとなります。

4. それ以外のプレイヤーは、自分の2枚のカードの合計から、次のカードを引くか、やめておくかを決めます。

5. 21を超えてしまうと自動的に負け、双方とも21未満の場合は21に近いほうが勝ちとなります。

ブラックジャックにおけるカードの役

2~10まではその数字の通りに。J・Q・Kといった絵札はすべて「10」として、扱われます。そして何より、ブラックジャックにおいてカギを握るのがエース(A)です。エースは「1」か「11」として使用することができ、局面によってどちらの数字を選んでも良いとされています。

例えば、プレイヤーが『7→A→5』の順に手札を引いたとしましょう。

エースを引いた時点では「7+11=18」となります。ここで、より手札を21に近づけようともう一枚「5」を引いた際に「7+11+5=23」でバストではなく「7+1+5=13」とカウントしてよいということです。

ブラックジャックにおける基本的な用語

ベット (Bet)
チップを賭ける

ヒット (Hit)
カードを一枚追加する

スタンド (Stand)
カードを引かない

バスト (Bust)
カードの合計値が22以上になってしまう事。無条件で負け。

ブラックジャック (Blackjack)
エース(A)+10・J・Q・Kによって作られた21の事。ナチュラル21とも呼ばれ、他の組み合わせで作られた21よりも強い。例えば、プレイヤーが「A+K」ディーラーが「10+5+6」でお互いに21だとした場合、ナチュラル21であるプレイヤー側が勝利ということになります。

ブラックジャックで知っておきたいこと

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーの1対1の勝負ではありますが、実はディーラー側とプレイヤー側ではルールが少し違います。

まず、ディーラーはプレイヤーのように自分の意志で自由にヒットやスタンドが出来ません。ディーラーは自分の手札が17以下ならヒットして引き続けなければなりませんし、17以上であればどんな数字であってもスタンドしなくてはなりません。

つまり、ディーラーはルールに従って機械的にヒットしたりスタンドしているわけです。オンラインカジノでは当然ですが、ライブディーラーや実際のカジノでも、ディーラーの強い・弱いは関係ありません。ディーラー側の手札は必ず17~21もしくはバスト(22以上)に固定されます。

ブラックジャックにおける必勝法にして醍醐味といえるのが押し引きのタイミング。運だけでなく、プレイヤーの決断力が試されるゲームと言えるでしょう。

続きを読む

カジノゲームガイドでは、バカラのルールルーレットの遊び方ライブカジノなど、代表的なカジノゲームのプレイ方法を紹介しています。

 
 

[オンラインカジノガイド トップページへ]

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

ブラックジャックのルール
4.6 / 投票数:11

お得なボーナスをゲット!

メールアドレスを登録して、お得なボーナス情報をいち早くゲットしよう!