カジノスロットとパチスロの違い 

パチスロとカジノスロット、似ているけれどどこが違う?

パチスロは日本ではお馴染みの娯楽ですが、カジノで人気のゲームといえばスロットマシン。ラスベガスのカジノでは店舗収入の多くがスロットによるものだと言われています。ブラックジャックやルーレットはルールを知らないとやはり気後れしてしまいますし、英語を話すディーラーとプレイするのは、英語が流暢でない外国人観光客にとっては少し勇気が要ります。

その点、スロットマシーンは機械を相手にコインを投入、ボタンを押してラインに絵柄が揃えば勝ち、という単純明快なルールで、気軽にトライできる点が人気の理由とひとつと言えるでしょう。

インターネット上でプレイするオンラインカジノのスロットゲームも、近年とても人気があります。ビデオスロットと呼ばれ、アニメーションやサウンドもクオリティが高く、プレイヤーを飽きさせません。多くのカジノサイトで何百という種類のゲームが提供されています。

パチスロより敷居は低いかも?カジノスロット

 

オンラインスロットもパチスロも、メダルやコインを賭け、回転したリールの絵柄が揃えば勝ちという原則は同じです。

パチスロとの主な違いは、まず「目押し」や台の状態を回転数などから見極めるといったテクニックが一切不要な点です。逆にそれこそがパチスロの醍醐味とも言えますが、経験やテクニックの介入しない、全くの運試しというところが、カジノスロットが初めてでもプレイしやすい理由です。

パチスロの場合、設定のいい台を確保するためには朝早くから店の前で並び、順番待ちをし、基本的にプレイ時は台の前に座りっぱなしです。しかし、オンラインカジノスロットには煩雑な操作はいりません。

もちろん、自分でリールを回しストップさせることも可能ですが、当たるかどうかはRNGと呼ばれる乱数発生装置がはじき出す完全な乱数なので、プレイヤーのテクニックで当たりの確立を大きくすることはできません。オンラインカジノのスロットゲームでは、自分がベットしたい金額やスピンしたい回数をあらかじめ設定し、すべて自動でスピンさせるオートプレイにすることも可能です。

パチスロより高い還元率

 

プレイヤーが賭けた金額全体から胴元の取り分を差し引いた、プレイヤーに払い出される金額の割合を還元率と言います。

全体的な数字だけを見ると、パチスロの還元率は一般的に70%から、最も還元率が高い設定でも90%ほどとされています。しかし、この高設定のスロットを数多く設置している店舗はそう多くはありません。

一方でオンラインカジノスロットは『95%~98%』と、限りなく100%に近い還元率を誇っています。各ゲームの還元率は、ゲーム内のインフォメーションで確認する事もできます。

驚愕のジャックポット賞金

 

カジノスロットの払戻金も正にケタ違い。ジャックポット、特にプログレッシブジャックポット搭載ゲームの中には読んで字がごとく「一獲千金」が可能なスロットも存在し、億単位のとんでもない賞金が払い出される事もあります。

また、オンラインスロットの場合、自宅でパソコンの前に構えてじっくりプレイするのはもちろんのこと、殆どのオンラインカジノはスマートフォンに対応しているので、出先での空き時間や電車での移動時間などプレイするタイミングは自由自在です。

スロットガイド」ではスロットゲームに関する色々な話題を掲載しています。こちらも是非ご覧ください!

 
 

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

カジノスロットとパチスロの違い 
4.6 / 投票数:25

お得なボーナスをゲット!