スロットマシン

スロットマシンの歴史と進化

スロットゲームが身近になったのはここ30年ほどのことですが、スロットマシン自体はなんと120年近い歴史を誇っています。

最初期のリール式スロットマシンは1890年代に登場します。サルーンと呼ばれる社交場に置かれ、話題を呼んだそうです。この頃はまだ自動でスロット機から払い戻しが成される形式ではなく、当選絵柄が揃った際はボーイを呼んでその場で賞金や景品を提供していました。

そして1898年。3つのリールを持ち、判定結果を自動で判別し払い戻しを行う世界初の自動リールスロット「カード・ベル」がアメリカで開発されます。その後、20年ほどでスロットマシンは全米に広がっていきました。

基本的なゲームシステムこそ変わらないものの、1960年代にアメリカイリノイ州においてそれまで禁じられていたギャンブルマシンの製造が解禁されたことにより、一気にスロットとしてのハード面が刷新されていきます。

そして1980年代になると、今現在のアナログスロットマシンにおいていまだに変わらない基本的な原理である、バーチャルリールとステッピングモーターの技術が開発されます。ちなみにステッピングモーターを本格的に世に広めたのは日本のユニバーサル社と言われています。

昔のスロットマシン
画像出典元:Swiss Museum of Games,
via Wikimedia Commons

これらの技術が開発されるまで、スロットマシンといえば横についているレバーを下げ、その反動でリールを回転させていました。今現在の「ボタンを押せばスロットが回る」タイプのものになったのは、本当にごく最近のことと言えます。

そして現在、主流のひとつとなっているのがビデオスロット。これまでのアナログタイプでは成しえなかったグラフィックやプレイシステムの面を大幅に改善できる点が好評を博しており、スロットゲームの本質を「ギャンブル」だけでなく「エンターテイメント」としても引き上げる一要因となりました。

今やオンラインカジノでは数百種類のビデオスロットを提供するのは当たり前で、数あるカジノゲームの中でもダントツの人気を誇っています。

とはいえ、実際のカジノに設置されているスロットマシンのすべてがこういったビデオタイプのものになった訳ではなく、クラシックなリール式のものもいまだに多く設置されています。ラスベガスのカジノで人気のホイールオブフォーチュンなどがその最たる例といえるでしょう。こういったタイプの場合はレートに応じて設置されている箇所や台数が変わってきます。

また、オンラインスロット界の最先端技術としてはVR(バーチャルリアリティ)を搭載したスロットゲームの開発も進んでいます。将来的にはスロットの世界へ実際に入り込んだり、冒険しながら楽しむというのが、当たり前な世界がやってくるのかもしれません。

トップ画像クレジット:
By Jeff Kubina from the milky way galaxy (Slot Machine) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

続きを読む
 
 

[スロットガイド]トップページへ

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

スロットマシン
3.8 / 投票数:6

お得なボーナスをゲット!