クィックスピン (Quickspin) スロット

ハイクオリティなスロット続出、プレイテックの子会社クィックスピン(Quickspin)

2011年創立と若い会社ながらもクオリティの高いオンラインスロットを輩出し続けているのが、スウェーデンはストックホルムを拠点とするゲーム開発会社であるクイックスピン(Quickspin)です。

創立当初よりかなりのハイペースで高品質なスロットを輩出し続けてきているその秘訣は、創業者3名のうち2名があのスロットゲーム大手のネットエント(NetEnt)社で5年間働いていた、そんな裏側があります。

また、クイックスピン社は2016年にプレイテック(Playtech)によって買収されました。プレイテック社からすれば間接的にネットエント社出身の有能な開発グループを手中に収めた形となる為、今後のクイックスピン社及びプレイテック社のリリースするスロットのクオリティアップにさらなる期待がかかります。

大手メーカーが強い力を誇るビデオスロット業界において新規参入、優秀なゲームサプライヤーに送られるEGR B2B賞を2014年から毎年受賞するなど、一定以上の評価を得たクイックスピン社。これだけの評価を得ることが出来た理由はやはり「スロットゲームとしてのクオリティの高さ」にほかなりません。

クィックスピン社製のオンラインスロットゲームの特徴は、
1. 還元率高め。クィックスピン社のスロットのいくつかは還元率が97%を超えます。
2. こだわりのグラフィック。ゲームのキャラクターやアニメーションが凝っていて丁寧。
3. 中道リスクバランス。スロットのボラティリティは様々で、コインの減りは速いけれど当たれば大きいハイリスクタイプ、小さな当たりが頻繁に出るが大きな当たりは少ないローリスクタイプがありますが、クイックスピン社のスロットは両者の中間を行く微妙なリスクバランスのスロットゲームが多いです。

クィックスピン社の代表スロット

そんなクイックスピン社を代表するスロットは、日本でもおなじみの童話、3匹の子豚をモチーフとした「Big Bad Wolf」です。

海外産のゲームにありがちなクセの強い絵柄ではなく、親しみやすくかわいい、ですがどこか特徴のある雰囲気を醸し出しており、万人受けするデザインになっています。そしてリールアクションも3匹の子豚の世界をオリジナリティあふれる形で見事にスロットゲームとして落とし込んでいます。

それでいてグラフィック面やアクション面だけでなくスロットゲームとしても、ペイアウト率97.35%と、破格の設定。こういったタイプのスロットゲームにありがちな「細く長くプレイする」タイプではなく、フリースピンのボーナスゲームではコイン大量獲得のチャンスもちりばめられています。

今やスロットゲームは数多く存在しますが、ひとつひとつの動きや設定にこだわった「丁寧なつくりのスロットゲーム」を求めるのならば、クイックスピン社のスロットゲームをプレイしてみると良いでしょう。

続きを読む

クィックスピン(Quickspin) スロット動画

クィックスピン社の代表スロットがいくつも紹介されています。

 
 

【その他のゲームプロバイダ】
ネットエント スロット
プレイテック スロット
マイクロゲーミング スロット
プレインゴー スロット
NYX スロットユグドラシル スロット

【カジノゲーム提供会社 トップページへ】

  • ビッグバッドウルフ スロット

    Big Bad Wolf

    ビッグ・バッド・ウルフ スロット (Big Bad Wolf)
    4.8 / 投票数:4

  • サクラフォーチュン スロット

    Sakura Fortune

    サクラ・フォーチュン スロット (Sakura Fortune)
    2.8 / 投票数:6

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

クィックスピン (Quickspin) スロット
4.5 / 投票数:6

お得なボーナスをゲット!