ビデオ スロット

ビデオスロットとは? アナログスロットとの違い

アナログのスロットマシンに対して、ここ最近急激にシェアを伸ばしているのがオンラインスロットをはじめとする「ビデオスロット」の存在です。この2ついったいどこが違うのでしょうか。

「基本的なゲーム内容」に関して言えばアナログタイプのスロットであったとしても、フリースピンやジャックポットを搭載している機種もあります。ですが、ビデオスロットにおいてはそれらをより複雑でハイクオリティに提供できるというのも強みのひとつです。

ですがそれ以上に大きく違うのが、機能面とビジュアル面と言えるでしょう。

アナログスロットでは、毎回「BET数を決め、スタートを押し、ストップを押す」という作業が必要になりますが、ビデオスロットは一連の流れをすべてオートで機械任せにしてプレイすることが出来ます。

また、ベット額やペイラインの調整も、アナログスロットではわざわざ台を移動しなくてはならないのですが、ビデオスロットではプレイしている台で自由に設定することが可能です。これらの機能により、よりスロットが手軽でプレイしやすくなったと言えます。

 
 

もうひとつ大きく違うのが、グラフィックやサウンドといったビジュアル面です。

アナログスロットは盤面の変化に乏しいのに対し、ビデオスロットは液晶で表現する為複雑な動きや動画の挿入など、これまでよりも「エンターテイメント性」や「ゲーム性」がアップしたスロットゲームが数多く開発されるようになりました。加えて、自由に画面を変更することが出来る為、ミニゲームやボーナスゲームを搭載も可能であり、よりスロットゲームの楽しさを奥深いものにしています。

ビデオスロットを開発している会社は数多くあり、競い合ってクオリティの高いスロットを提供しています。新作も各社より続々と発表されるため、ネットカジノのスロットゲームは非常に充実しています。当サイトでも日本人向けカジノとしておすすめのベラジョンカジノでも約400種類のビデオスロットを楽しむことができます。

ビデオスロットがバーチャルリアリティ(VR)に

そして今現在、スロットゲームはまた大きな変化を迎えようとしています。

オンラインスロット制作会社の大手であるNetEnt社では、現在の急速に広がりを見せているVR(バーチャルリアリティ)市場へ参入、同社の看板的タイトルであるゴンゾーズクエスト(Gonzo’s Quest)のVR化の開発を発表しました。

 

既に2017年2月にロンドンで行われた「ICE Totally Gaming」においてプロトタイプを展示。NetEnt社からは「今後のオンラインスロット、ひいてはリアルマネースロット業界においてVRスロットが一定の地位や人気を獲得するだけでなく、今まで以上にプレイヤーの皆さんを楽しませることに繋がると確信しています」と発表しました。

VR技術が発展すれば、スロットの世界にプレイヤー自ら入り込めるだけでなく、本当に実際のカジノにいるかのようなシチュエーションでプレイすることが可能になる日が実現するかもしれません。

  • ベラジョンカジノ

    ベラジョンカジノ
    4.5 / 投票数:96

    レビューを読む

    最大$1,000! 3回貰える初回入金ボーナス
    700種類を超えるゲーム数
    ビットコインで入金・出金可能

  • ワンダリーノ

    ワンダリーノ カジノ

    ワンダリーノ カジノ
    4.3 / 投票数:9

    レビューを読む

    引出し条件なし!30回キャッシュスピン
    200%初回入金ボーナス
    最大で現金$50,000獲得のチャンス

  • カシュミオカジノ

    カシュミオ カジノ

    カシュミオ カジノ
    3.9 / 投票数:10

    レビューを読む

    $20の入金不要ボーナス
    最大$500の100%初回入金ボーナス
    イベント常時開催

[スロットガイド]トップページへ

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

ビデオ スロット
4 / 投票数:9

 
 

お得なボーナスをゲット!