シックボー ルール・攻略完全ガイド

シックボー

シックボーってどんなゲーム?

サイコロを使ったカジノゲームは、マカオをはじめアジア圏で高い人気を誇っており、シックボーも例外ではありません。中国を起源とするシックボーは、「大小」や「タイサイ」とも呼ばれる、3つのサイコロの出目の合計数や組み合わせを予想するカジノゲームです。

この記事では、シックボーのルール、攻略法、おすすめシックボーゲームを徹底解説します。

シックボー (大小)の特徴

シックボー (大小)の特徴

シックボーはとてもシンプルなルールのカジノゲームで、ディーラーが3つのサイコロを振り、プレイヤーはサイコロの目の合計数や組み合わせを予想して賭けを行います。

シックボーの結果は完全に運に依存するため、プレイヤーは特別なスキルやテクニックを必要とせず、初心者からベテランまで幅広く楽しむことができます。

勝ちやすさと配当が異なる様々な賭け方があるのがシックボーの特徴です。どんな賭け方があるのかさえ分かってしまえば、だれでも楽しく遊べるゲームです。

シックボーのゲームの流れ

シックボーのゲームの流れは以下の通りです。ルーレットのゲームの流れととてもよく似ています。

  1. ゲーム開始の合図: カジノディーラーが「Place your bet」(賭けてください)とアナウンスします。この合図を受けて、プレイヤーはベッティングエリアにチップを配置して賭けを行います。賭け方は、ベッティングエリアとそれに対応する倍率を参考に選択します。
  2. 賭けの締め切り: ディーラーが「No more bets」(締切です)とアナウンスすると、賭けの受付は終了します。
  3. サイコロが振られる: その後、ディーラーは3個のダイスを振ります。
  4. 結果の発表: サイコロの出目が確定すると、当選した枠にランプが点灯し、結果が発表されます。
  5. 配当の支払い: プレイヤーが予想した出目が結果と一致した場合、勝利となります。勝った賭けには出目に応じた配当が支払われます。
 

シックボーの賭け方と配当

シックボーの賭け方と配当

シックボーは、その多彩な賭け方とそれに伴う配当のバリエーションが特徴的なカジノゲームです。このゲームでは、サイコロの出目を予測する様々な賭け方があり、プレイヤーは自分の好みや戦略に応じて賭け方を選択できます。

シックボーの主な賭け方とそれに関連する出現確率、配当をまとめました。それぞれの賭け方の特徴と、期待されるリターンを一目で比較することができます。

名前賭け方出現確率配当
大 / 小合計が11~17(大)か
または4~10(小)か
(トリプルは除く)
48.60%2倍
奇数 / 偶数合計が奇数 or 偶数
(トリプルは除く)
48.60%2倍
シングルダイス
(サイコロ1つ当り)
数字をひとつ選ぶ34.70%2倍
シングルダイス
(サイコロ2つ当り)
数字をひとつ選ぶ6.94%3倍
シングルダイス
(サイコロ3つ当り)
数字をひとつ選ぶ0.46%4倍
ダイスコンビネーション2つの出目13.90%6倍
合計
4か17
合計が4 or 171.40%51倍
合計
5か16
合計が5 or 162.80%19倍
合計
6か15
合計が6 or 154.60%15倍
合計
7か14
合計が7または146.90%13倍
合計
8か13
合計が8 or 139.70%9倍
合計
9か12
合計が9 or 1211.60%7倍
合計
10か11
合計が10 or 1112.50%7倍
ダブル2つ以上が同じ数字7.41%9倍
エニートリプル3つが同じ数字
(数字は何でも)
2.28%25倍
トリプル3つとも選んだ数字0.46%151倍

大 (Big) / 小 (Small)

シックボーで最もポピュラーな賭け方で、3つのサイコロの合計が11~17(大)または4~10(小)になるかのどちらかに賭けます。出現確率は48.6%と、当たりやすい賭け方です。配当は2倍。

トリプルはこの賭けの対象になりません。

奇数 (Odd) / 偶数 (Even)

サイコロの合計数が奇数になるか、偶数になるかのどちらかに賭けます。トリプルは除外され、出現確率は48.6%、配当は2倍です。

奇数・偶数の賭けオプションがないシックボーゲームもあります。

シングルダイス(Single Dice)

1~6から数字を選択して賭けます。3つのサイコロの内、ひとつでも当たっていれば勝ちとなります。例えば「3」のシングルダイスに賭けて、結果が5-1-3だった場合は勝ちです。

2つがその数字だった場合、3つともその数字だった場合で配当が異なります。

  • サイコロ1つ当たり:配当2倍、出現確率34.7%
  • サイコロ2つ当たり:配当3倍、出現確率6.94%
  • サイコロ3つ当たり:配当4倍、出現確率0.46%
 

ダイス・コンビネーション(Domino)

ダイスコンビネーションは、「ペア」や「ドミノ」ベットとも呼ばれます。15通りの2つの数字の組み合わせから選び、3つのうち2つのサイコロの出目に賭けます。賭け方には「1-4」や「3-5」「4-5」など。配当は6倍、出現確率は13.9%です。

合計 (Total)

3つのサイコロの合計値を予想して、4〜17の間で選びます。合計数字の出現確率は一定ではないので、配当もそれにより異なります。

  • トータル4か17:出現確率1.4%、配当51倍
  • トータル5か16:出現確率2.8%、配当19倍
  • トータル6か15:出現確率4.6%、配当15倍
  • トータル7か14:出現確率6.9%、配当13倍
  • トータル8か13:出現確率9.7%、配当9倍
  • トータル9か12:出現確率11.6%、配当7倍
  • トータル10か11:出現確率12.5%、配当7倍
 

ダブル(Double)

2つのサイコロが同じ数字になれば勝ち。1~6の間の数字から選びます。例えばダブルで「2」を選び、結果が「2-2-5」だった場合勝ちになります。配当は9倍で、出現確率は7.41%です。

エニートリプル(Any Triple)

出目の数字に関わらず、3つのサイコロが全て同じ数字(ゾロ目)になる事に賭けます。配当は25倍、出現確率は2.28%です。

トリプル(Triple)

最も難易度も配当も高い賭け方。指定した数字で3つのサイコロがゾロ目になれば勝ちです。配当は151倍、出現確率はたったの0.46%です。

オンカジで遊べるおすすめシックボーゲーム

オンラインカジノで遊べるシックボーには、コンピュータと対戦する「テーブルゲーム」と、実際のディーラーとリアルタイムで対戦する「ライブカジノ」があります。

テーブルゲームのおすすめシックボー:Sic Bo (One Touch)

 
テーブルゲームのおすすめシックボー:Sic Bo (One Touch)
 

One Touch社が提供する「Sic Bo」は、ベット画面も見やすく、自分のペースでじっくりとプレイできるので、シックボー初心者におすすめです。

無料で遊べるデモゲームがあるので、色々な攻略法を試してみたい時にも使えます。

One Touch社のシックボーは多くのオンラインカジノで遊べますが、おすすめはテーブルゲームが豊富に揃っているミスティーノカジ旅です。

ライブカジノのおすすめシックボー:スーパーシックボー (Evolution Gaming)

 
ライブカジノのおすすめシックボー:スーパーシックボー (Evolution Gaming)
 

本場のカジノの雰囲気を楽しみたいなら、ライブカジノのシックボーがおすすめです。中でもEvolution Gaming社の「スーパーシックボー」は、通常のシックボーに「ジャンピングチャンス」というマルチプライヤーが付いています。

マルチプライヤーの付いたベット箇所で当選すれば、マルチプライヤーの数字で配当が乗算されます。その最大配当はなんと1000倍。もし当たれば一撃高額配当が可能な、エキサイティングなシックボーゲームです。

ライブカジノのスーパーシックボーを遊ぶなら、日本円が使えて便利な優雅堂オンカジか、オンラインカジノにある程度慣れている人であれば、ゲーム数が豊富なカジノエックスがおすすめです。

シックボー攻略法 おすすめ

 
シックボー攻略法 おすすめ
 

シックボーでは、ビッグ・スモール、奇数・偶数の賭けで様々なカジノ攻略法が使えます。これらの賭け方は、勝率が約50%で、勝てば配当が2倍になります。

グッドマン法

グッドマン法は、勝率が約50%ある大・小、奇数・偶数の賭け方で使える攻略法です。「1235法」とも呼ばれ、その数字の通り、勝つ度に資金を$1,$ 2, $3, $5と賭けていき、その後は$5を賭け続けます。負けたら賭け金を$1に戻します。

リスクが比較的低く、初心者でもやりやすいシックボー攻略法です。

マーチンゲール法

最も有名なカジノ攻略法のひとつであるマーチンゲール法は、シックボーの大・小、奇数・偶数で使う事ができます。

マーチンゲール法は、賭けで負けた後、次の賭けで負けた額を取り戻すために賭け金を倍にする戦略です。負けたら次の回で、ベット額を倍にします。また負けたら、更にその賭け金を倍にします。こうする事で、勝った場合にそれまでの損失を一気に取り戻せるという理論です。

負け続けると賭け金が膨大になってしまうのがデメリットです。特にテーブルのベット上限額に達してしまったり、資金が尽きてしまうとそこで大きな損失を出す可能性があるので注意が必要です。

パーレー法

逆マーチンゲール法とも呼ばれるパーレー法も、大・小、奇数・偶数の賭けでシックボーで使用できます。

パーレー法は、勝ったらベット額を倍増します。連勝すると資金を大きく増やす事ができますが、負けた場合はそれまでの勝利金を失う事になります。

モンテカルロ法

数列を使ったモンテカルロ法は、3倍配当のゲームでよく使われますが、2倍配当のゲームでも使えます。シックボーでは、大・小や奇数・偶数の勝率50%、2倍配当のゲームで利用します。

モンテカルロ法では、まず紙に「1, 2, 3」と数列を書き出します。ベットをする際には、この数列の最初と最後の数字を足し合わせた金額$4をベットします。

もしベットで負けた場合は、ベットした金額を数列の右端に追加します。先の例でいうと、$4をベットして負けたら、数列は「1, 2, 3, 4」となります。一方、ベットに勝った場合は、数列の最初と最後の数字を消去します。この際、ゲームの種類によって消去する数字の数が異なります。シックボーの大/小ベットなど2倍配当のゲームでは1つ消去します。

セットが完了するのは、数列が1つの数字だけになった場合や、全ての数字が消えた場合です。この時点で利益が出ているはずです。

シックボーの遊び方と攻略 まとめ

シックボーは、その単純ながら奥深いルールと、賭け方に様々な選択肢があるのが魅力のカジノゲームです。中国を起源とするサイコロを使ったこのゲームは、初心者から熟練者まで幅広いプレイヤーに人気があります。マカオのカジノをはじめアジアで特に人気があるゲームですが、配当などが少し異なるイギリス版やオーストラリア版も存在します。

シックボーの楽しみの一つは、攻略法を駆使しできる事です。大・小の賭け方は最もポピュラーですが、勝率がほぼ50%あるため、色々な攻略法を使う事ができます。

シックボーに関するQ&A

❓ シックボーとは?

シックボーとは、3つのサイコロの出目の合計数や組み合わせを予想するカジノゲームです。中国を起源とするゲームで、マカオ、フィリピン、韓国などアジアで人気があります。「大小」や「タイサイ」とも呼ばれます。

❓ サイコロを使ったギャンブルには何がある?

シックボーは3つのサイコロを振り、その出目を予想するギャンブルです。その他にもサイコロを使ったギャンブルには、クラップス、丁半(ちょうはん)、マカオダイス、チンチロリンなどがあります。

❓ カジノの「タイサイ」とは何ですか?

「タイサイ」は、カジノゲームの「大小」の事です。「シックボー」も同じゲームの事を指します。3つのサイコロの出目の合計数や組み合わせを予想して賭けるカジノゲームです。

❓ カジノの大小の倍率は?

大小(シックボー)の配当倍率は、賭け方により異なります。最も低い倍率は「大・小」賭けの2倍、最も高い倍率は「トリプル」の150倍まであります。

❓ カジノでサイコロ3つで何が出る?

カジノゲームのシックボーで、サイコロを3つ振った時、その出目のパターンは216通りあります。

この記事を書いた人
Kana Makita

ヨーロッパへ移住後、オンラインゲーミング業界で数年間働き、現在はライター兼翻訳家として暮らす30代。趣味は温泉・スパ巡り。カジノではブラックジャックが一番好きなゲーム。
Kana Makita プロフィール

 
 

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

 
 

お得なボーナスをゲット!