ブラックジャックのインシュランス

ブラックジャック インシュランス
TOP10カジノスロット » カジノガイド » カジノゲームガイド » ブラックジャック インシュアランス 最終更新日: 2022年9月14日

ブラックジャックのインシュランスは賭けた方がいい?

ブラックジャックのインシュランスは、ディーラーのアップカードがAの場合アクションできるルールです。プレイヤーが負けやすい状況の救済処置として知られているアクションですが実際のところメリットがあるのが解説しました。

 

ブラックジャックのルールと無料ゲームはこちら

ブラックジャックにおけるインシュランスとは?

インシュランス(インシュアランス)とは「保険」を意味するブラックジャックのルールの一つです。ディーラーに配られる表向きの1枚のカード=アップカードがAの場合にのみアクションすることができます。Aは状況によって1か11に数字を変えることができます。ブラックジャックは2枚目のヒット時に10とカウントされる10,J,Q,Kがくる確率は約30%であるため、このままプレイを続けるとナチュラルブラックジャックになる可能性があるのです。

ちなみにナチュラルブラックジャック(2枚で完成したBJ)とはディーラーに配られる2枚目の裏向きのカードが10か絵札の場合、合計数21のためその時点でプレイヤーの強制負けになることをいいます。

インシュランスはその救済措置として、ディーラーがナチュラルブラックジャックになることを見越してサイドベットすることができるルールです。

 
 

インシュランスのやり方

ブラックジャック インシュランスのやり方

インシュランスは前述の通り、ディーラーに配られたアップカードがAの場合のみ実行できます。その際に「保険金」としてベットする必要もあるので注意です。必要な金額は最初にベットした金額の1/2です。もしディーラーがナチュラルブラックジャックになった場合、その賭け金の2倍返ってくるので収支が±0になるわけです。

インシュランスが成功したときの収支

具体的な数字を交えて解説します。

最初に$10をベットしていたとします。自分のハンドが(10,8)です。

ディーラーのアップカードはAでこのままだとナチュラルブラックジャックになる可能性があります。サイドベットでインシュランスに1/2の金額である$5をベットしました。予想通り、21になったため、最初にベットした$10は負けたため、没収されますが、サイドベットに賭けた$5が2倍の$10で返ってきたため、収支が±0になりました。

この具体例がインシュランス成功の事例です。負けても収支が±0になる救済措置というわけなのです。

インシュランスが失敗したときの収支

常にインシュランスが成功するとは限りません。失敗する可能性もあります。その場合は通常プレイの勝敗によって収支が変わるので全て最初に$10を賭けた例で解説します。

ハンドが負けたとき

一番損する状況です。

$10ベットし、自分のハンドが(10,9)です。アップカードがAのため、$5をサイドベットしインシュランスします。ディーラー2枚目の裏カードめくると、9がヒットし(A,9)のハンドつまり合計数が20でディーラーが勝利しました。またナチュラルブラックジャックにならないためサイドベットも没収です。このときの収支は-15ドルでかなり損をしました。

ハンドが勝ったとき

$10ベットし、自分のハンドが(10,9)です。アップカードがAのため、$5をサイドベットしインシュランスします。ディーラー2枚目の裏カードめくると、5がヒットし合計数16のためヒットします。6を引いて22のバストのためプレイヤーが勝利しました。しかしナチュラルブラックジャックにならないためサイドベットは没収です。このときの収支は15ドルです。インシュランスしなければ$20得られたところ勝ち分が少し減りました。

 
 

インシュランスは賭けた方がいいのか?

インシュランスはプレイヤーの数や10,J,Q,Kが場に出ている数を見て判断しましょう。1対1でプレイしており場に10カウントのカードがない場合、ナチュラルブラックジャックになる可能性は16/49=約30%です。 例えば、プレイヤーが5人いて、場に1枚も10カウント以上のカードが出ていない場合、16/41=約39%になります。6人で同条件の場合、16/39=41%、最大の7人で同条件の場合、16/37=43%です。

スプリットやヒットによって場に出るカードの総数は増えますが、ナチュラルブラックジャックになる可能性が50%を超える場面は場に出ているカードが20枚以上かつその中に一枚も10,J,Q,Kがないことを条件とするため、基本的にインシュランスした方がいい場面が来る可能性は低いと言えます。

ブラックジャックは確率である程度勝率や収支が計算できますので、ナチュラルブラックジャックで負けるかもと慌てることなく適切な判断をしましょう。

 
 
もっと見る

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

 
 

お得なボーナスをゲット!