バカラで稼ぐには – バカラ投資と勝率の上げ方

バカラ 稼ぐ

バカラで稼ぐ方法はないかな・・・」と思っている人は多いでしょう。 バカラで安定的に稼ぐには、当たり外れを楽しむやり方ではなく投資としての心得が必要になります。つまり勝敗にこだわるのではなく、資金管理によって運用する資金をいかに増や続けるかを考える必要があるということです。

この記事ではバカラで稼ぐために、バカラを投資と捉えてプレイするためのポイントと注意点を詳しく説明します。

バカラで稼ぐのはなぜ可能なのか?

 
バカラで稼ぐ
 

バカラ投資」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。バカラで稼ぐ事を目標に、投資のようにプレイすることが可能なカジノゲームとして、バカラは人気があります。まずはその理由を押さえておきましょう。

勝率が45%前後と50%に近い

バカラのルールは、「プレイヤーの勝ち」と「バンカーの勝ち」のどちらかにベットするだけで遊べるゲームです。ほかにも「引き分け(タイ)」へのベットやサイドベットなどもありますが、基本は2択で賭けます。

勝率が45%前後なので、還元率が90%近いことを考えると大負けする可能性が低い点でバカラは稼ぐことが可能だと考えられています

もちろん賭け方によっては連敗が続くことも、あるいは大きな損失を出すこともあります。要はバカラで稼ぐためには、その勝率を生かした賭け方をどのように工夫するのかが重要だということです。

プレイヤーの勝ちとバンカーの勝ちのそれぞれの勝率と配当、期待できる還元率は次のようになります。

プレイヤーの勝ちバンカーの勝ち
勝率44.62%45.86%
配当2倍1.95倍
還元率89.24%89.42%

システムベットが使える

勝率が50%近いカジノゲームにはさまざまなシステムベットが考案されています。バカラで稼ぐことが可能な理由として、数多くのバカラ必勝法と呼ばれるシステムベットが使えることも挙げられます。

システムベットには次のような方法があります。

  • 負けたら賭け金を増やす
  • 勝ったら賭け金を増やす
 

バカラで使えるシステムベットには、パーレー法グッドマン法マーチンゲール法キャンセレーション法などがあります。ほかにも31システム法やウィナーズ法など数多くの攻略法が考案されています。

いずれも共通するのは損失時の賭け金を少なく、利益が出る時の賭け金を多くする「損小利大」を実現するということです。

バカラでのプレイを投資と考える

当たり外れにこだわらず運用する資金を増やす目的の「投資」と捉えることができれば、バカラで稼ぐことは不可能ではありません。

バカラはルールが簡単でゲームスピードが早く、さらに高額をベットできることが人気の理由です。それゆえに当たり外れのスリルや興奮を求める人は少なくありません

資金を増やすことを目的とするのであれば、投資と同じように、当たり外れに依存しない「賭け方」を工夫することが必要です。これは株式売買やFXなどで稼ぐことと同様に、当て物としない考え方になります。いかに当てるかではなく、「損小利大」を実現するように賭け金を決めるかが重要です。

バカラで稼ぐためのポイント

 
バカラで稼ぐポイント
 

バカラで稼ぐためのポイントを解説します。投資として考えると単なるカジノゲームとは異なる認識が必要になることがわかります。

狙って当てるのは難しいと心得る

バカラはプレイヤーの勝ちかバンカーの勝ちのいずれかに賭けます。しかし狙って当てるのは難しいことを理解しておきましょう。

本来バカラは予想を当てて楽しむゲームですが、バカラで稼ぐためには「いかに当てるか」に労力を注ぐのはやめるべきです。しょせんはどれほど工夫しようとも、予想が当たる頻度を高めることは難しい>ものです。

予想を当てるのではなく、いかに資金を増やすかにフォーカスする必要があります。

バンクロール管理 (資金管理)が重要

バカラは1プレイごとの当たり外れにこだわると稼ぐのは難しくなります。たとえば「この勝負に勝って損失すべてを取り戻そう」といった考え方は避けたほうがよいということです。

バカラで稼ぐために必要なのは、当たり外れを繰り返しながら資金をいかに増やすかということです。つまり、バカラのバンクロール管理 (資金管理)をいかに実践するのかを考える必要があります。

よって短期的に勝つのではなく、長期的スパンで資金を増やすようにしましょう。

自分なりのロジックを持つこと

バカラを当て物と考えずにプレイする場合、いかに資金を増やすかというロジックが必要になります。必ず自分なりのロジックを持って取り組むようにしましょう。

たとえば1勝2敗のペースであっても資金を増やすにはどうすればよいのか、連敗が続いた時にも対応できるルールを作るにはどうすればよいのかといった形で考えていきます。

<ルールは複雑にせず、できる限り簡略化したほうが長く続きます。時に損失がかさむことがあっても資金が枯渇しないよう、資金管理のロジックを考えることが大事です。

バカラで稼ぐための勝率の上げ方

 
バカラで稼ぐ 勝率
 

それではバカラを投資と考え、バカラで稼ぐための勝率の上げ方を解説します。

バカラの勝率に関する考え方

バカラで稼ぐためにはまず、「勝率」についての理解を深めることが必要です。実際にはバカラの勝率そのものは変わりません。

どのように結果の予想をしようとも、賭け方を工夫しても勝ち負けの数を人為的に変えるのは難しいということです。つまり勝ち負けにこだわって稼ぐのではなく、いかに資金を増やすのかを考える必要があります。

資金を増やし続けるという意味で勝率を上げる方法はあります。たとえ勝ち数が負け数より少なくても、資金が増えればよいからです。

長くプレイを続ければ資金の増減は還元率に近づく

バラカを長くプレイすると賭け金を変えなければ、どのような賭け方をしても資金の増減は還元率に近づきます

つまり賭け金を増減させれば、実際の還元率はバカラ本来の還元率とは異なる数値にすることが可能だということです。基本的には負けた時の賭け金よりも勝った時の賭け金を増やすことで、実際の還元率よりも高い利益率を実現することが可能となります。

長く連敗が続くことを想定する

バカラは勝ち負けの2択であり勝率は45%前後です。それでも、どのような賭け方をしても連敗が長く続く可能性があることを留意する必要があります。

たとえばマーチンゲール法の場合、連敗が続く間は賭け金を倍にします。そしてもし「10回以上も連敗が続くことはない」という考えを前提にしているならば、いずれは破綻する可能性が高いと考えてよいでしょう。

実際にバカラの結果を見てみると、プレイヤーの勝ちあるいはバンカーの勝ちが10回以上続くくケースはあります。この時、どちらかに賭け続けていると賭け金は相当額に膨らみ資金が尽きることにもなります。

あるいはプレイヤーの勝ちとバンカーの勝ちで交互に賭けていても、同じように10回以上交互になるケースもあります。

どのような賭け方をしてもこのように連敗が相当数続くことを想定した賭け方を考えることが必要です。

罫線の利用にも資金管理が必要

 
バカラの罫線
 

攻略法のひとつとしてバカラの罫線(ゲーム結果のデータ)を利用する方法があります。罫線を分析すれば、ある程度は結果予想ができるというものです。

罫線はパターンを予想するものなので、ある程度は有効に機能するかもしれません。しかし罫線を利用した勝敗のみで損益を左右されるのはリスクがあります。

罫線を利用しつつ資金管理のためのベットシステムを使用するのがバカラで勝率を高めるコツです。

バカラで稼ぐために注意すべきこと

 
バカラで稼ぐための注意点
 

バカラで投資のように稼ぐためには、いくつか注意すべきことがあるのでチェックしておきましょう。

高い利益率を狙わない

投資となれば利益率の設定が必要になると思うかもしれませんが、バカラで稼ぐ際には利益率設定はしないほうがよいでしょう。

というのもバカラは為替相場や株式などと違い、結果が完全にランダムに決まるからです。ある程度のパターンがあれば利益率も設定できますが、完全にランダムなゲームでは時に大きなイレギュラーが発生することがあります。

大事なことは利益を最大化するのではなく、リスクを最小化することです。そのためにはゲームプレイにおいて大きなドローダウンを経験したら、投資額を引き下げるといった対応を常に行い、目標の利益率があれば引き下げる必要があります。

大きな当たりを狙わない

バカラプレイでは大きな当たりを出したという報告をSNSなどで目にすることがあります。しかし投資としてバカラで稼ぐのであれば、大きな一発を狙うのは危険です。

バカラはハイローラーに人気があるゲームですが、ハイローラーの多くはアツくなりすぎて巨額の損失を出しています。最近はテレビ等のメディアでも人気の大王製紙の元会長であり、ギャンブラーの井川意高氏が著書でも語っているように、バカラは冷静さを失うと怖い一面がある事も知っておきましょう。

もし損失が膨らんできたとしても、ルールを破って大きく賭けるようなことをしてはいけません。なかなかマイナスを回収できないというのであれば、ルールを見直す必要があるかもしれませんが、少しずつ回収するように修正していきましょう。

投資にスリルを求めると破綻するリスクが高まることを心得ておく必要があります。

まとめ:バカラで稼ぐためのポイントを押さえよう

バカラで投資のように稼ぐには、当てる楽しさを封印することが大事です。当たり外れを繰り返してながら資金を増やすルール作りが必要になります。

バカラの罫線を使って予想するのは構いませんが、大事なのはいかに冷静に資金管理するかということです。そのためのロジックを作り、自分なりのベットシステムで取り組むようにしましょう。

もちろん、バカラはギャンブルですから、損失が出る事もあります。どんな投資にも言える事ですが、損失となっても良い金額を予算として使用し、無理な賭けをしない事が大切です。

この記事を書いた人
Shota Yamashita

オンカジ歴6年のフリーライター。オンラインカジノの他に得意な分野はパチンコ・パチスロとギャンブル全般、ゲーム、ガジェット系。根っからのインドア派。
Shota Yamashita プロフィール

 
 

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

 
 

お得なボーナスをゲット!