ベラジョンカジノに危険性はあるのか?違法性・運営体制・評判を徹底チェック

ベラジョンカジノの利用に危険性はあるのか徹底検証

日本で最も人気があるオンライン カジノ ベラジョンですが、ギャンブルだけに、その危険性に対する疑念を抱いている人も少なくないでしょう。この記事では、ベラジョンカジノの危険性、合法性、運営状況、そして評価について徹底的に検証します。

人気スロットのフリースピンが貰えるオンカジおすすめのランキング

ベラジョンカジノの運営会社の危険性をチェック

 
ベラジョンカジノの危険性
 

ベラジョンカジノの運営企業は、オンラインギャンブルを提供する企業なので当然日本の企業ではなく、海外で合法的に運営されています。運営体制はきちんと整備されており、闇カジノのような危険性はほとんどゼロと言えるでしょう。

プレイヤーは時には大きな金額を預けることを考えると、その運営組織がどの国の企業で、危険性が存在しないかどうかは気になるポイントだと思います。ベラジョンカジノの運営企業やその危険性について調べてみました。

本社はカリブ海のオランダ領キュラソーに存在

ベラジョンカジノの本社は、中央アメリカ、カリブ海に位置するオランダ領キュラソーに設けられており、その地で政府の許可を得てオンラインカジノの運営を行っています。

会社名Breckenridge Curacao B.V.
登記番号149132
住所39 Scharlooweg, Willemstad, Curaçao

ライセンスを取得し、合法的に運営している

ベラジョンカジノの運営者であるBreckenridge Curaçao B.V.は、キュラソー州知事から発行されたMaster Gaming License #8048/JAZに基づき、Antillephoneから付与されたサブライセンス#8048/JAZ2021-180を通じて正式に認可されて運営しています。

 
ベラジョンカジノのライセンス
 

オンラインカジノのライセンスを取得するには、公平性や法的コンプライアンスなどの厳格な審査基準を満たす必要があります。したがって、ライセンスを取得しているオンラインカジノは、運営体制が確立されており、公正な経営を行っていると言えます。

よって不正なインカジとは異なり、ベラジョンカジノは運営やサービス自体には違法性や危険性はないと考えられます。

キュラソー政府は1996年からオンラインギャンブルの運営を認可しており、マルタ政府やジブラルタル政府発行のオンラインギャンブル運営ライセンスほど厳格ではないものの、キュラソーライセンスは信頼性が高く、多くの良質なカジノがこれを取得しています。日本人向けにサービス提供しているおすすめのオンラインカジノの殆どがこのキュラソーライセンスの元で運営しています。

複数のオンラインカジノを運営している

インターカジノ遊雅堂
インターカジノ遊雅堂

ベラジョンカジノの運営者であるBreckenridge Curaçao B.V.は、ベラジョンカジノ以外にも、「インターカジノ」「遊雅堂」を運営しています。インターカジノは1996年に設立された、世界で初めてのオンラインカジノです。このような長い歴史を持つオンラインカジノを運営しているという事実は、その運営体制が確固としていることを示しています。またベラジョングループで最も若い優雅堂オンカジは、日本人が使いやすいように日本円に対応しています。

2023年2月には、独自のキャッシュバックシステムで日本でも人気のある「カジノシークレット」を買収し、傘下に収めています。

ベラジョンカジノのゲームやシステムの危険性をチェック

 
ベラジョンカジノ イカサマ
 

ベラジョンカジノではイカサマの危険はないのか、あるいはプレイヤーが勝てないように操作されているのではないかと懸念する人もいるでしょう。

イカサマや回収モードなどの不正行為が不可能な仕組み

オンラインカジノで負け続けたとき、一部の人々はゲームが不正に操作されている、あるいはリグド(偏った結果を生むように設定された)ゲームではないかと疑うかもしれません。

しかし、ベラジョンカジノが提供するオンラインカジノのゲームにはRNG(Random Number Generator)と呼ばれる乱数生成器が組み込まれており、これによりゲームの結果は完全にランダムに決まります。したがって、ベラジョンカジノがゲームの結果を操作することは不可能です。

さらに、ベラジョンカジノはカジノゲームを提供するプラットフォームであり、直接ゲームを制作しているわけではないため、ゲームに不正なプログラムを仕組むことはできません。よって、オンラインカジノ イカサマなどの危険性は無いと言えます。

定期的な第三者機関の監査を受けている

ベラジョンカジノは、公正に運営されているかをチェックする第三者機関による定期的な監査を受けています。これらの第三者機関は、中立的な立場から運営会社やソフトウェア企業を監査します。不正行為が発覚した場合、運営停止やライセンスの取り消しといった厳しい制裁が下されます。

ベラジョンカジノが監査を受けている主な機関は以下の通りです:

  • eCogra(イーコグラ)
  • TST(Technical Systems Testing)
 

ギャンブル依存症対策の自己規制機能

ベラジョンカジノでは、オンラインカジノ依存症の可能性があるプレイヤーのために、一定期間ゲームを制限する「プレイワイズ」と呼ばれる自己規制機能を提供しています。この機能を利用することで、プレイヤーはギャンブル依存症のリスクを最小限に抑えられるようになっています。

ベラジョンカジノの自己規制機能には以下のようなものがあります:

  • 入金制限:一日あたりの入金総額や頻度を制限
  • 時間制限:一回のログインでのプレイ時間を制限
  • ゲームプレイ時間制限:一回のゲームプレイ時間を最大240分までに制限
  • 損失制限:入金額に対する損失額を制限
  • ログイン規制:一定期間または無期限のログイン禁止
 

未成年(20歳未満)の利用禁止

ベラジョンカジノでは、20歳未満の人は利用が禁止されています。本人確認書類を提出して承認されないと利用できないため、年齢を偽って登録してもベラジョンカジノでプレイする事はできません。

ベラジョンカジノが未成年者のギャンブルを許してしまう危険性はありません。

ゲームの独占先行リリースが多い

ベラジョングループのカジノでは、日本で人気が出そうなスロットが、他のオンラインカジノに先駆けて独占先行リリースされる事がとても多いです。日本人に大人気のスロット「ハワイアンドリーム」シリーズをはじめ、多くのタイトルがベラジョン系オンカジ限定でリリースされました。

ゲームプロバイダーにしてみれば、せっかく制作した新作を早く一人でも多くの人にプレイしてもらいたいはず。それを数か月に渡ってひとつの会社が運営するオンカジのみで公開する事にOKを出すのですから、よほど信頼性がないとできる事ではありません。

ベラジョンカジノの社会的認知度や信頼性をチェック

ベラジョンカジノはオンラインカジノ業界で広く知られ、多くのプレイヤーから信頼を受けているサービスです。その信頼性は、以下のような事実から証明されていると言えます。

2011年設立、日本市場にサービス提供して10年以上

ベラジョンカジノが設立されたのは2011年。日本人の趣向にあったサービスを提供し続けて10年以上経ちます。その間に多くのプレイヤーから信頼を得てきました。長期間にわたり一貫してサービスを提供し続けてきた実績は、その企業が安定した経営をしており、ベラジョンカジノの危険性が低い事を物語っていると言えます。

ベラジョンカジノの利用者は100万人以上と言われる

ベラジョンカジノは日本で最も規模が大きいオンラインカジノです。朝日新聞の記事によると、2018年12月に約64万8千だった月間のアクセス数が、20年1月には約7751万に激増したと書かれています。プレイヤー数は100万人以上いるのではと噂されています。

有名人を起用したマーケティング

ベラジョンカジノは、そのブランド信頼性を高めるために、有名人をアンバサダー(宣伝大使)として起用しています。

2022年3月、ベラジョンカジノは人気YouTuberのラファエルをアンバサダーに任命しました。莫大なフォロワーを持つラファエルは、ベラジョンカジノの知名度とブランドイメージを一段と高めました。 さらに、ワールドカップで日本代表キャプテンを務めたサッカー選手、吉田麻也選手がベラジョンカジノ無料版のCMに出演していました。

【ラファエル×ベラジョン】ライブルーレットでディーラーさんとの初絡み!

このような有名人と提携することで、ベラジョンカジノの認知度はぐっと高まったのではないでしょうか。ベラジョンカジノが危険性の高い、信頼性のないオンラインカジノであれば、彼等(または彼等のマネージメント)が出演を承諾するはずがありません。

ベラジョンカジノ利用者による口コミから危険性を調査

H2 ベラジョンカジノ利用者による口コミから危険性を調査 ユーザーによるベラジョンカジノの評価も、気になるところです。ここではTwitterからベラジョンカジノの危険性を示唆するツイートを拾ってみました。

入金・出金に関するの危険性

 
ベラジョンカジノ入出金の危険性

「visaでベラジョン入金できない‥仕事前に増やそうと思ったのに🥲」(引用元:Twitter)

クレジットカードでベラジョン入金できない、というツイートは多くありました。エラーになったのに引き落としはされていて、アカウントには反映されていないといった事もあるようです。

殆どの場合、お金だけ引き落とされて最終的にアカウントに入金されないという事は無いようですが、そのような危険性が全くないという訳ではありません。

クレジットカードは、カード発行会社によりオンラインカジノでの利用が制限されている場合が多いので、他の入金手段を使った方が良いかもしれません。

また、ベラジョンカジノではログイン後に送受信される情報はSSL 256ビット通信により暗号化されます。クレジットカード情報はカード決済代行会社に暗号化された通信チャネルを通して直接送信され、ベラジョンカジノのシステムにはカード情報は保存されません。

 
ベラジョンカジノ出金の危険性

「今ベラジョンカジノさん出金が大幅に遅れて着金しないことで燃えてて草」(引用元:Twitter)

銀行送金での出金、特に高額の場合は時間がかかる事があるようです。これはベラジョン側の出金の承認に時間がかかる場合と、銀行の営業日などに影響される場合があります。

オンカジの中には、サイトがいきなり閉鎖されて出金もできないケースが過去にあった事から、出金が遅いと心配になりますよね。ベラジョンカジノはこのような危険性は低いと考えられますが、ユーザーを不安にさせないためにも、常に迅速な対応を期待したいところです。

電話で連絡が来る危険性

 
ベラジョンカジノ電話危険性

「ベラジョンカジノの電話がうざくなってきた❗️ 最近毎日かかってきよる😡」(引用元:Twitter)

 
 

「非通知の電話はやめてほしい😭 普通にイラッとくるよね😡」(引用元:Twitter)

ベラジョンカジノから非通知で電話がかかってきて嫌だ、という評判が良く見られました。特定のプレイヤー限定の入金ボーナスオファーであったりする場合が多いのですが、電話番号を登録する際に「緊急の場合を除き、電話はかけないでほしい」という意思表示ができれば良いですね。

アカウント認証についての危険性

 
ベラジョンカジノの認証危険性

「ベラジョンカジノでのアカウント認証って結構時間かかる😨?
1週間近く経ってるけど未だ承認されず、サポートは1日に1〜2回返信くるだけで一応書類はちゃんと提出できてるようですが、時間がかかりすぎな気もします🤔
しかも承認されるまでプレイできないのが辛すぎ」(引用元:Twitter)

ベラジョンのアカウント認証には時間がかかる事があります。本人確認のため、写真付き身分証明書や住所を証明する書類の提示が必要で、それらを送付しても審査になかなか通らない事があります。

このような書類を送らなければならないので、個人情報の漏洩の危険性を危惧する人もいるかもしれません。世界大手のIT企業や銀行でも個人情報の漏洩がある昨今、100%とは言えませんが、ギャンブル運営企業という性質上、オンラインカジノのセキュリティは強固で、ベラジョンカジノで個人情報が漏洩する危険性は低いと言えます。

ベラジョンカジノで破産してしまう危険性

 
ベラジョンカジノで破産の危険性

「ベラジョンカジノで破産したジジイ」(引用元:Twitter)

ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノ、またどんなギャンブルでも、破産してしまう危険性はあります。楽しめる範囲で利用するのが鉄則ですが、「やめたいのにやめられない」といった状況に陥ったら、すぐに出金して、ベラジョンカジノの自己制限機能を利用しましょう。

ベラジョンカジノの危険性 まとめ

この記事では、運営会社情報、ゲームやシステム、ユーザーによる口コミや評判といった観点からベラジョンカジノ 危険性について深く掘り下げました。

日本のオンラインギャンブル最大手だけあって、ユーザーが安心して利用できる環境を提供しており、イカサマや、突然閉鎖して出金できなくなるような危険性はほぼ無いと言えます。

とは言え、ユーザー側も自身を守る事は必要です。ベラジョンカジノに限らず、あまりに多くの大金をアカウントに保持しない、そして利用規約を守ってプレイする事が大切です。

この記事を書いた人
Kana Makita

ヨーロッパへ移住後、オンラインゲーミング業界で数年間働き、現在はライター兼翻訳家として暮らす30代。趣味は温泉・スパ巡り。カジノではブラックジャックが一番好きなゲーム。
Kana Makita プロフィール

ベラジョンカジノ関連記事

 
 

オンラインカジノガイド トップページへ

↓このページへの貴方の評価をお聞かせください。

 
 

お得なボーナスをゲット!